リビング

注文住宅は確認とコミュニケーションが大切

キッチンとダイニングテーブル

注文住宅とは自身ですべて注文して家を建てるということ。実際に建てる段取りというものは大変です。間取りやクロスは当然ですが、こんなところまで決めなくちゃいけないの?というところまで決めていきます。しかし大きな手間と打合せの時間をかけるだけあって、建築法が許す限り自分の思うような夢のマイホームができるでしょう。
注文住宅を建てるにあたって大切なことは3つ。まず最初は大言うまでもなく営業さん選びです。よく耳にするお話かもしれませんが、同じメーカーに受注しても営業さんの手腕により、大きく出来栄えと打合せ中のストレスが異なります。少しでも疑問に思うならば担当を変えてもらうべきです。こちらは大金を払っていて当然の権利ですし、なにより完成後に営業さんがこうしたから…とずるずる後悔することにもなりかねません。気まずいなどと思わずに声を挙げましょう。
二つ目は営業さんに出会ったとしても、綿密なコミュニケーションをとり「一般常識的に考えて、こうだろう」と安易に決めつけず、必ず確認をすることです。お互いの思い違いがないように一つ一つに注目して話しておかないと、完成してからでは手遅れです。
最後は完成後に自分の行動をよく想像しましょう。間取りや電気の位置ひとつ、今後変更することは簡単ではありません。営業さんに相談するのもいいですが、住むのは自分です。不自由ないマイホームには妄想も大切です。

注文住宅は確認とコミュニケーションが大切

注文住宅とは自身ですべて注文して家を建てるということ。実際に建てる段取りというものは大変です。間取りやクロスは当然ですが、こんなところまで決めなくちゃいけ…

キッチンとダイニングテーブル

UPDATE POST

NEW2016年11月10日
注文住宅は確認とコミュニケーションが大切を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅は大変ですがやりがいがありますを追加しました。
NEW2016年11月10日
ZEH住宅という選択肢を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅の特徴と納得が行くためにはを追加しました。

≫ 記事一覧へ