リビング

注文住宅は大変ですがやりがいがあります

広々とした部屋

注文住宅は、建売住宅と違って間取りから自分たち家族の希望に合わせて作ることができます。耐震性にさえ気をつければ、リビングを広くとったり部屋をつなげてもらったり、大体の希望は叶えてもらえます。
私は地震の時にタンスが倒れてこないよう、婚礼家具のタンスがすっぽりおさまるクローゼットを作ってもらいました。設計の人にも色々とアイデアを出してもらいながら自分たちで納得いくまで話し合って間取りや外観を決定したので、世界にひとつしかない自分たちの家だという愛着が持てました。
また、建売住宅だとすでに建ってしまっていることが多いので、壁の中身がどうなっているのか分かりませんが、注文住宅なら基礎の段階からずっと見守ることができます。少しお金がかかりますが、建築のチェック専門の業者さんに頼めば、基礎の鉄筋の太さや間隔から、アンカーボルトの位置、筋交いの本数までしっかりチェックしてもらえ、断熱材が足りないところや窓の防水が甘い部分などはその都度しっかり直してもらえます。
また、注文住宅は家が完成するまでにどんなトラブルが起こるかわかりません。お金は払ったのに家が建たないということも起こりえます。
例え救済措置があるとしても、自分たちで建築途中の家を引き継いで立ててくれる施工会社を探すのはとても大変です。少しでもそれを防ぐために、なるべく建築代金の支払いは少しずつにしてもらった方がいいと思います。

注文住宅は確認とコミュニケーションが大切

注文住宅とは自身ですべて注文して家を建てるということ。実際に建てる段取りというものは大変です。間取りやクロスは当然ですが、こんなところまで決めなくちゃいけ…

キッチンとダイニングテーブル

UPDATE POST

NEW2016年11月10日
注文住宅は確認とコミュニケーションが大切を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅は大変ですがやりがいがありますを追加しました。
NEW2016年11月10日
ZEH住宅という選択肢を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅の特徴と納得が行くためにはを追加しました。

≫ 記事一覧へ